レントゲン

健康的な暮らしのために

骨粗鬆症は骨の量が減ることで起こります。予防には適度な運動や食生活に注意することなどが大切です。サプリメントもおすすめです。あるいは、日光浴や睡眠を充分にとることも予防につながります。過度なダイエットや飲酒、それから喫煙は極力控えましょう。

Menu

血液

糖尿病予防にはこの成分

ヘモグロビンa1cの数値が高ければ糖尿病予防に力を入れる必要がありますが、食事改善とともにサプリメントを併用すると良いでしょう。特に、高麗人参サプリは血液状態の改善が期待でき、価格もお手頃なため人気となっています。

男性

豊富な栄養素による効果

マカは、南米ペルーにあるアンデス山脈の高地で栽培される、アブラナ科の多年生植物です。そして、マカの成分は、ビタミンやミネラルをはじめ、多くの栄養のある成分が含まれています。そして、豊富な栄養素により、色々な効果が期待できるのが特徴です。

サプリ

全ての動植物に必要な成分

全ての生命体に存在すると言われているレシチンは、健康に役立つ効能を持っています。血中の脂肪を減らす働きをするので、動脈硬化のリスクを低く抑える事が期待できます。また、脳にも含まれる成分のため、認知機能の維持に役立つとも考えられているのです。

関節

骨を強くする食品を食べる

骨粗鬆症は男女共に罹る病気ですが、閉経後の女性は罹りやすい傾向があります。骨粗鬆症を予防するためには、カルシウムやビタミンDを豊富に含んでいる食品を食べることが大事です。散歩や坂道を上がるなどの運動を行うのもお勧めです。

老化を予防する物質

栄養補助食品

界面活性剤としての働きも

レシチンは人の体の細胞膜にある物質で、細胞の生成には欠かせないものです。皮膚の老化を防ぎシミやシワを予防、改善する効果もあり、アンチエイジングに役立つ物質だと言えます。これは食品から摂取することもでき、特に大豆や卵黄などに多く含まれています。レシチンは天然の界面活性剤とも呼ばれ、水と油を混ぜ合わせる働きがあります。そのためドレッシングやバターなどの食品加工にも使われています。またこの性質により血管内にこびりついた中性脂肪や悪玉コレステロールを溶かし老廃物として体外に排出する働きもあります。これにより血液の循環が良くなり、動脈硬化や高血圧といった病気を予防することもできます。動脈硬化を予防することで脳梗塞などといった病気を防ぐこともできます。また内臓脂肪や皮下脂肪なども減少するためダイエットにも役立ちます。レシチンは脳の細胞の中に特に多く含まれています。これは脳の働きを助け記憶力や集中力を増大させる効果もあります。またレシチンを多く摂ることにより物忘れなどが軽減し認知症の予防にもなります。このようにレシチンは健康や若さの維持には欠かせない物質だと言えます。しかし大豆や卵黄に含まれているからと言って毎回食事で食べるのは無理な話です。それに1日の必要量を摂るには大量に食べなければなりません。その点サプリメントや健康食品なら簡単にレシチンを摂取できます。大豆や卵のアレルギーのある人はこれらの食材が使われていないサプリメントを選ぶことが必要です。