高額で不動産売却をする極意|大切な資産を手放す心得

  1. ホーム
  2. 賃貸物件の近況

賃貸物件の近況

女性

危機的現状で頼れる会社

賃貸物件の入居者が家賃を滞納した時、代わりに家賃を支払うのが連帯保証人の役割です。従って、賃貸借契約の際、連帯保証人が必要となるのですが、最近は様子が変わってきています。経済力が乏しい人も多くいる現在、家賃の滞納が増加しています。それでも従来であれば、連帯保証人がいれば安心でしたが、現在は経済力が乏しい人が連帯保証人になっていることもあります。つまり、連帯保証人の役割を果たせない連帯保証人が、現在は存在するのです。経済状況は入居者にも連帯保証人にも等しく直面するので、この状況は自然だと言えるのですが、賃貸経営者にとっては当然、危機的状況です。家賃債務保証会社を利用するメリットは、他にもあります。家賃滞納があることを連帯保証人に連絡することは、心理的な負担になることもありますが、家賃債務保証会社でしたらビジネスライクに連絡できます。また、滞納家賃の回収を家賃債務保証会社の方で独自に行うという点も、賃貸経営にとって大きなメリットです。賃貸経営者は入居者に対して直接家賃を取り立てる必要がないため、トラブルが起こる心配はないのです。では、どのように利用するのかというと、家賃債務保証会社との契約を入居条件の1つにするのです。連帯保証人を立てさせた上で、家賃保証会社とも契約させるという賃貸物件もあります。