Menu

全ての動植物に必要な成分

サプリ

食事から補う大切さ

レシチンはリン脂質とも呼ばれている成分で、動植物の細胞には必ず含まれている生体構成に必須の成分です。人間の体では脳に特に多いとされ、記憶力や認知能力に大きな影響を与えていると言われています。レシチンには細胞に栄養を送ったり酸素を細胞へと運んだりするという大事な役割があります。ですので、この成分が不足してしまうと、栄養が足りずに新たな細胞を上手く作る事が難しくなり、健康に何かしらの支障が発生すると考えられているのです。大豆や肉類に豊富に含まれているレシチンには、細胞の機能維持の他にも健康に役立つ効能があります。血中のコレステロール値が高いと血液がドロドロになってしまい、動脈硬化や脂肪により血管が詰まる事から派生する、血栓などのリスクが高まってしまいます。レシチンには油と水の両方に馴染むという特徴があるため、体の中の老廃物を排出したり脂肪を溶けやすくしたりする効果があります。この特徴のお陰でレシチンは、体内の脂肪に大きな力を発揮し、血中のコレステロールの値を整えたり、中性脂肪を低下させたりする効果が期待できるのです。通常から人間の体の中に存在している成分なので、レシチンの摂取が引き起こす重篤な副作用は特にありませんが、摂りすぎると稀に嘔吐の症状が見られる事があるようです。また、レシチンが含まれているからと大豆や肉類を食べ過ぎると肥満に繋がりかねません。健康維持を過剰に意識せず、程良く日常生活に取り入れるようにしましょう。